プログラミング

プログラミングを「オンライン」と通学で学ぶ違いやメリット・デメリットについて

プログラミングを学ぶ場合には学校に通うことが一般的ですが、通い方にもオンラインと通学の2つのパターンが考えられます。

それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらが自分に合っているかを考慮して選ぶのがおすすめです。

オンラインで学ぶメリット・デメリット


まずオンラインスクールに通う場合には、自宅での学習が可能というメリットがあります。

オンラインでは授業の動画を視聴して学習したり、ライブ配信される講義を受けたりします。

どちらの場合にもメールやチャット機能を使用して質問などを行うことができます。

授業の動画はスマホでも視聴できる場合が多いので、場所を選ばず移動中や隙間時間などにも活用できて重宝します。

単元ごとに課題の提出があり、それらの提出状況や理解度などでスクールが学習の進み具合を把握するケースが多いです。

自宅の近くにプログラミングを教えてくれるスクールがない場合にはオンラインスクールはとても便利です。

時間の調整がつけやすいので、学校や仕事と同時進行で学習を進めることも可能です。

デメリットとしては、わからない時やつまづいた時に質問のやり取りに時間がかかってしまうという点です。

これはスクールによって様々ですが、リアルタイムのチャット機能がない場合には質問に対する答えが返ってくるまでに時間がかかることがあります。

自宅でリラックスして学習できるので、だらけやすいというデメリットもあります。

ゲームやテレビなどの誘惑も多く、集中して学習できる環境を意識的に作らなければいけません。特にお子様の場合には、自宅だと学習に身が入らないということも多いです。

通学で学ぶメリット・デメリット


プログラミングスクールに通学するメリットは、講師に直接指導を受けることができるという点です。

疑問点などをその場で質問して解決することができるので、確実な学習が期待できます。

質問が苦手なお子様の場合には講師からフォローの声かけをしてもらえるので、理解できないままということがなく安心です。

特に学生やお子様の場合には友人とスクールに通うことで切磋琢磨し、自分一人で学習するよりも楽しさを感じることもあります。

スクールに通学している時間は確実に学習にあてることになるため、勉強と遊びの切り替えがはっきりしているのも利点です。

集中した学習時間を確保できるため、自宅学習が苦手な方には通学が最適だと言えます。

通学の場合のデメリットは、時間の問題です。

スクールの立地によっては通学に時間がかかってしまうことがあります。お子様で遅くなる場合には送迎が必要なこともあり、保護者の負担が増えることになります。

授業の時間に合わせて通学する必要があるため、授業の日は予定を入れることができません。

仕事をしながらの場合には土日の授業を希望する方が多いため、定員オーバーで都合のいい時間の授業が取れないということもありえます。

その他には授業を休んでしまうとオンラインのように授業をいつでも視聴できるわけではないので追いつくのが大変です。

参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です