プログラミング

未経験がプログラミングスクール卒業後、フリーランスSEになれる?独立するのに大切なこと。

プログラミングに関する完全な未経験者でもプログラミングスクールで学んでスキルを身につけて卒業すればSEとして活躍できることはよくあります。

プログラミングスクールでは基礎的な知識を習得するだけでなく、実践的な技術を学べるからです。

フリーランスSEになって成功したいという人も不可能ではありませんが、卒業したらすぐにフリーランスを始めるというのはかなりリスクが高いので注意しましょう。

仕事を受注して稼げるかどうかは別問題

フリーランスSEになること自体はできるものの、仕事を受注して稼げるかどうかとはまた別の問題です。

未経験のSEに対して高いお金を払って仕事をしてもらおうというクライアントはあまりいないでしょう。

少しは実務経験があってすぐに要求した仕事をこなしてくれるSEに依頼したいと考えるのが普通だからです。

未経験でも資格があれば大丈夫と考えてしまう人もいますが、必ずしもそうではありません。

資格があってもシステムを一から作り上げたり、既存のシステムをすぐに理解して保守点検をできるようになったりするとは限らないからです。

実績がないとフリーランスSEになっても案件を獲得できずに苦労してしまうということは念頭に置いて準備を整える必要があります。

未経験で転職先を探すなら

doda

リクナビネクスト

リクルートエージェント

がおすすめです。

*リクナビネクストとリクルートエージェントの違いは、自分で探すかエージェント(サポートしてくれる人)がつくかの違いです。

登録は無料です。

まずは実績を作ろう


最も単純な対策は、プログラミングスクールを卒業してからまず企業に就職して実績を作り上げることです。

それから独立してフリーランスSEになれば、過去の経験を生かしてクライアントにアピールできるでしょう。

また、実務経験を数年間積んでみると、自分の能力で仕事をこなせるのかどうかを判断できるようになります。

仕事の募集要項を見て自分の能力的に受けても良い仕事かどうかを見極め、きちんと要求に応えられるフリーランスSEとして独立してからも実績を着実に積み上げられるでしょう。

フリーランスを始める前にまずは数年間の企業勤務を経るということが重要なのです。

独立する際に考えおきたい大切なこと

企業での実務経験を経て独立するときにはどのようにして仕事を獲得するかを考えておくことも大切です。

自分のエンジニアとしての能力や独自性を生かして携わることができる案件を探し出すのは決して簡単なことではありません。

フリーランスは営業活動をしてクライアントを探し出し、自分にこなせる範囲の仕事を選び出して請け負うことが必要になります。

ただ、案件を探すために顧客への訪問営業をするのは大変で、営業活動が苦手な人もいるのは確かでしょう。

その対策としてエージェントを利用して仕事を紹介してもらう方法があります。

企業の間でもエージェントに依頼してフリーランスSEを探してもらった方がマッチングがうまくいくという認識が広まっています。

そのため、独立してから仕事を探す手段としてエージェントに登録するのが有効なのです。

フリーランスのエンジニアの方が仕事を獲得するために登録しているエージェントは、

Midworks【収入保証・福利厚生充実】

PE-BANK【設立30年の老舗】

High-Performer【報酬額が高い上流案件が豊富】

エミリーエンジニア【はじめてのフリーランス案件が多数】

フリーランススタート【フリーランスエンジニア向け案件が多い】

レバテックフリーランス【業界最大手・圧倒的高単価】

が有名です。

登録は無料ですので、登録だけは済ませておきましょう。

企業で働いて経験を積んでいる間に、どのエージェントに登録すれば自分の強みを生かせるかを調べておきましょう。

そして、独立するタイミングで登録して積極的に活用するのが賢明です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です