ピアノ教室

自宅に講師を呼んでピアノレッスンする際のメリット・デメリット

ピアノを習うとき、ピアノ教室と自宅レッスン(ピアノの家庭教師)のふたつの選択肢があります。

自宅に講師を招いての出張レッスンにはどんなメリットがあるのでしょう。デメリットとあわせて解説します。

自宅でピアノレッスンするメリット

.
講師を自宅に招いてピアノレッスンするメリットは、なんといっても自分のペースでゆったりとレッスンを進められることです。

自宅というリラックスできる空間で、設定されたレッスン日時や持ち時間を気にすることなく練習できます。

まわりに人がいると緊張したり、ペースを乱されてうまく弾けないという人にも自宅レッスンは向いています。

普段から弾きなれているピアノでレッスンできるのも大きなメリットです。

ピアノ教室のピアノは大勢の人数で使ったり、なじみのないものであることも多いので、慣れるまでに時間がかかったり、思うような音がだせないこともあります。その点、自分の家にあるピアノなら安心です。

講師がレッスン環境を把握できるのも自宅レッスンならでは。普段どんな環境でピアノを弾いているのか、椅子の高さや音の反響、調律具合などを知ることで、より具体的なアドバイスが可能です。

調律のズレがあれば的確に指摘してもらえるので、いつでも正しい音をキープできます。

通学する必要がないので、その分の時間を練習やそのほかの用事に有効活用できるのも自宅レッスンの魅力です。

自宅でピアノレッスンするデメリット

料金が高い

講師を招くとなると、まず気になるのが料金です。個人レッスンなのでどうしてもピアノ教室のレッスン料より割高になってしまいます。

最近はリーズナブルな出張レッスンも増えていますが、それでも負担は大きくなります。

ピアノのメンテナンスがかなり大変

使用するピアノが問題となることもあります。ピアノはとても繊細な楽器です。こまめな調律や整調、整音が必要となってきます。

自分で行うには相当なテクニックがいりますし、定期的なメンテナンス料金もけっして安くはありません。個人の家で完璧な音に仕上げることは難しいものです。

たいていの場合、自宅にあるピアノはアップライトでしょう。初級から中級程度までのレッスンならそれでも十分ですが、上級以上のテクニックを身につけようとなるとやはりグランドピアノで本物の音をつかみたいところです。

自宅にグランドピアノがあれば問題はありませんが、音響設備などの住居環境からアップライトをもっていることのほうが多いでしょう。

ピアノ教室や講師の自宅でのレッスンならグランドピアノが用意されているので、いつでも調律された正確で明確な音をたのしむことができます。

競争相手がいないため、上達に支障が出ることも

競争相手がいないというのも、デメリットかもしれません。ほかの人を気にすることなく練習に没頭できるのはいいのですが、ほかの人が奏でる音に触れる機会がないので、自分だけの音にこもってしまいかねません。

たまには人の演奏を聴いて、自分の音を振り返ることも大切でしょう。

講師へのおもてなしを考えてしまう

それから意外に気を遣うのが、講師の方へのおもてなし。自宅にきてもらうのですから、お茶やお菓子を用意して労いたいものです。

部屋もキレイに片づけておきたいですよね。講師がトイレを借りることもあるかもしれません。プライベート空間へ人を招くのですから、レッスン以外の部分を考える必要もあります。

メリットとデメリットを踏まえた上で、自宅レッスンを失敗しないためのポイント

自分の家というリラックスできる空間で人目を気にすることなく自由にレッスンできるのは、伸び伸びとした音づくりによい効果をもたらします。

デメリットをたくさん並べてしまいましたが、それを超える快適さ・気軽さ・便利さが自宅レッスンにはあります。

自宅レッスンをする場合は、次のことに気を付けましょう。

・調律、整音など定期的なメンテナンスをきちんと行う
・積極的にほかの人の演奏を聴く機会をもつ
・講師をもてなす(精神的な)余裕も大事

この3点さえ気を付ければ自分のペースで快適にレッスンにのぞめます。自宅でリラックスしながらゆとりあるたのしいピアノ生活を過ごしてください。

失敗しない「ピアノ教室の選び方」

・通いやすい教室を選ぶ

・信頼できる先生か

・発表会やコンクールも確認する

・自宅での練習もサポートしてくれるか

が自分に合ったピアノ教室を探す目安になります。

大手と個人のピアノ教室の違い

ピアノ教室には大きく分けて、

・大手のピアノ教室
・個人のピアノ教室

とあります。

それぞれのメリット・デメリットを解説します。

大手のピアノ教室のメリット


・全国にあるので引っ越した場合でも同じレッスンが受けられる。

・オンラインレッスンの環境が整っている

・コース、レッスン内容、料金がわかりやすい。

・体験レッスンが申し込みやすく、また入会を断りやすい。

・先生のレベルは採用試験があるため一定水準以上。

・グループレッスンでは刺激しあえる。

・発表会、グレードテスト、コンクールがある。

大手のピアノ教室のデメリット

・コースによっては開講日が決まっているので途中入会が難しい。

・教材やカリキュラムが決まっている個性に合わせたレッスンは難しい。

・担当するコースが決まっているので先生を選べない。

・良い先生に出会ってもずっと教えていただけるかわからない。

・グループレッスンはひとりひとりのレベルに合わせた指導が受けられないので、技術力が上がりにくい。

個人のピアノ教室のメリット

・同じ先生にずっと教えていただける。

・個性に合わせたレッスンが受けられる。

・好きな時から始められ、曜日、時間の選択肢が広い。

・振替をしている教室もある。

個人のピアノ教室のデメリット

・ホームページのない教室もある。

・体験レッスンの申し込みや入会を断る心理的なハードルが高い。

・先生の音楽経歴がさまざまで、勉強する先生、そうでない先生と差がある。

おすすめ料金が安いピアノ教室

楽しく学べる料金が安いおすすめピアノ教室をご紹介します。

シアーミュージック

シアーミュージックは、現役の演奏者などによるマンツーマンのレッスンを受けることができ、気分を変えたいときはほかの楽器のレッスンを受けるなど様々なレッスンの受け方があります。

楽器を触る、姿勢や指使いの練習など基本的なことからしっかり指導してくれるため、初心者の方にもおすすめです。

また、音楽を楽しむことを重視しており、レッスン振替も無料など趣味で楽しみたい社会人が通いやすい環境が整っています。

・複数のコースを受講できる
・先生を選べる
・無料で練習室をレンタルできる

など一人一人に合わせたレッスンプランを立てることができます。

シアーミュージックの無料体験はこちら

椿音楽教室


椿音楽教室は場所を選ばずレッスンを受けられるのが一番の特徴で、決まった教室でレッスンをするのではなく、毎回のレッスンでスタジオを選択できます。

学校帰りや仕事帰り、自宅の近くなど自分の都合のいい場所で受講することが可能です。

講師は担当制のため、信頼関係を築いていくことで生徒一人一人の目標や個性をしっかりと見極め、より効率よく目標に近づくためのサポートをしてくれます。

無料体験もありますのでまずはフォームから問い合わせてみてください。

EYS音楽教室


Enjoy Your Soundは、東京をはじめ関西や北海道など全国各地に多数のレッスンスタジオを持つ音楽教室です。

クラッシックからポップス、ジャズまで楽器の王道はすべて対応しています。

0歳や60歳からのコースもあり、初心者の方も安心。

先生が生徒に教え込むというよりは、それぞれの音楽観の実現を助けるというスタンスを取っています。

楽しみながら音楽を自分のものにしたいという大人には、まさにうってつけの音楽教室といえます。

RELATED POST

COMMENT