英会話

【口コミ・体験談】イギリス留学前に1年通ったSI-UK語学センターがハイクオリティすぎた

現在大学で研究員をしている社会人です。

私は以前、イギリス留学(2010~2011年)に備えて、英語力を高めるために約1年(2009年)SI-UKに通学していました。

インターネットで検索し、留学サポートと英語講座の両方を備えていたので選びました。

正直知名度はあまりありませんでしたが、留学相談に行って、英国留学に関する豊かな経験をもったスタッフや知的な英国人講師が多かったことが印象に残りました。

英国圏に留学をしたいという方にお勧めの学校です。今回は実際にSI-UKを使用した経験をお伝えします。

SI-UKの基本情報は下記になります。

レッスンの種類:IELTS対策、日常英会話、ビジネス英語、SSA(レクチャー聴講、文献読解、論文作成など)
料金(時間/回数):要問い合わせ
レッスン形態:グループ、個別
講師:ネイティブ講師
住所:〒141-0021東京都品川区上大崎2丁目15-14高木ビル3F
アクセス:目黒駅より徒歩2分
公式サイト

SI-UKって?

もともとは、英会話学校ではなく留学サポート機関ですが、留学予定者向けに英語講座も提供しています。

留学先が決まっていない、まだ英語力が不足している、など、まだ留学先が漠然としている状況で相談に行っても、手厚く相談に乗ってもらったうえで英語講座を受けることができます。

私が通っていた当時は、早稲田大学の学生で賑わう高田馬場駅至近のビルにありましたが、今は渋谷に移転しています。

渋谷駅から徒歩10分程度、おしゃれな若者でにぎわうエリアにあるそうです。

SI-UKにはどんな講座があるの?

私は、短期間で集中的にIELTSのスコアアップを目指す「フルタイム IELTSコース」、「アカデミックライティングコース」、「留学準備コース」に、留学前の丸1年近くお世話になりました。

英国特有の英語力測定試験であるIELTS対策にはとても力を入れていて、私が受けたフルタイムコースのほか、社会人として勤めている方向けに、パートタイム(夜間・週末)もあります。

そもそもIELTS(アイエルツ)ってどんな試験なの?

英国圏(イングランド、スコットランド、アイルランド)へ留学する人は、TOEFLではなくIELTSという英語試験を受験する必要があります(TOEFLを受け付けてくれる大学も一部あります)。

ブリティッシュ・カウンシルという英国政府機関が行っている試験で、TOEFLとは大きく違った対策が必要になります。

IELTSはリーディング、リスニングのほか、1時間の長いライティングパートがあり、スピーキング力を計るための面接もあります。

TOEFLほどアカデミック英語に偏らず、一般的な英語が出題されます。ライティング頻出テーマは、環境問題やインターネットが社会に与える影響、大学教育など。

多くの英国大学では、6.0程度、大学院では6.5~7.0程度のスコアが求められます。点数が満たない場合は、新学期開講よりも3~6カ月程度早く始まる準備講座の受講を求められたり、要求される点数を獲得するまで入学が延期されたりなど、大学の対応も様々ですが、早期に高いスコアを取っておくにこしたことはありません。

SI-UKではどんなIELTS対策を受けられる?

SI-UKの講座はIELTSの全セクションの対策に対応しており、英語力の基礎力アップはもちろんですが、直前対策セミナーや授業内での実践演習などもあるので、いわゆる試験テクニックも教わることができます。

私の入学前のスコアは、リーディングが6.5、ライティングが6.0、リスニング6.0、スピーキングが6.0でした。

この学校のIELTS対策は非常に合理的、論理的で、私もすっかり試験問題に慣れて、試験のコツをつかむことができ、渡航前には、スコアはリーディング7.0、ライティング6.5、リスニング7.0、スピーキング6.5まで上がりました。

リーディングは比較的得意なのですが、ライティングとスピーキングに関しては、独習でスコアを上げるのは難しかったと思いますので、大変満足しています。

私の留学先はスコア平均が6.5あればよかったので、悠々条件をクリアしていたことになります。

他にはどんな受講生がいるの?

受講生の年代は幅広く、現役大学生から上は50歳位までいろんな人がいらっしゃいました。

仕事に興味を役立てたいので1年間休職すると言う人が多かったですが、一旦勤め先を退職し、背水の陣で留学に臨むという方もいます。

イギリスの大学・大学院では、美術史や庭園の造園学など、ヨーロッパの伝統を受け継いだ文化的なコース・学部が多く開講されています。

そのため、留学希望者は、総じてヨーロッパの文化・風土に魅かれている人が多く、仕事一辺倒というよりは趣味や家族も大事にする人が多く、アメリカのビジネススクールを目指す人々とはまた違ったタイプです。

ちなみに、先生方はオンとオフをきっちり分けて余暇を充実させるいかにも英国的マインドの方が多く、雑談をしても楽しく、英会話上達のモチベーションも上がります。

他の受講生たちとは仲良くなれる?

ランチタイムの時など、色々な雑談もしました。

授業時間中、日本語は一切禁止なので、当初はみんな無口になりがちでしたが、誰かが詰まったら、「こういうことを言いたいの?」と英語で助け舟を出しあうなど、お互い、助け合っていくなかで打ち解けていきます。

留学を志す他の仲間たちの知り合いが増え、現地でも非常に心強かったです。

私の場合は、留学中も何人かと密に連絡を取っていました。

まだ慣れない時期にSkypeやメールなどで連絡を取って情報交換ができました。留学先の学校はそれぞれ違いましたが、現地でも頼れる日本人の知り合いが事前にできるというのは、大きな魅力だと思います。彼らとは、今でもSNSでつながっています。

SI-UKのアカデミックライティング講座って?

アカデミックライティング講座とは、論文を書き上げるスキルにフォーカスした講座です。

アカデミックな文章には、それなりの「お作法」があり、日本では卒業論文を課さない大学も多く、論文を書いたことがない人が多いので、日本人が現地で苦しみやすいポイントです。

特に大学院留学の場合は、修了するためには、必ず修士論文を提出しなければなりません。

渡航前にしっかり論文作成スキルを上げておく必要があります。パラグラフ・ライティングなど、欧米式の論理的なライティングについてみっちりと叩き込まれます。

グループレッスンとはいえ、受講生は私を含め3人だったので、アットホームに、なんでも担当講師に質問することができました。

この学校には大学院を出た講師も多く、単なる英会話ではなくきちんとしたアカデミックな教育を受けているので、指摘も的確です。

ライティングの課題には、みっちりと詳細なフィードバックがなされ、やる気がでました。

SI-UKの留学準備英語コースって?

プレゼンテーションの仕方や講義のノートの取り方など、授業についていくために必須のスキルを鍛えてくれます。色々な分野の模擬授業を行って、受講生たちは持ち周りでプレゼンテーションをします。

このコースは、既に志望校に合格していて、IELTSで6.5~7.0を取得済の受講生を対象としています。

近年になってコースの再編があり、上記のアカデミックライティングコースもこのコースに組み込まれたようです。詳細はお問い合わせください。

こんな人に向いています!

以上のように、SI-UKは、英国圏への留学を希望している方が、渡航・入学に備えて英語力を上げるために最適な場所です。

IELTS試験も、英国の大学のことも、豊富な情報を入手してよく研究されていますので、留学希望者はぜひ検討してみてください。

海外旅行・日常英会話・子ども向け英会話(オンライン含む)特集

「趣味として英語を身に付けたい」

「海外旅行に行くので英語を覚えたい」

「こどもに英会話を学ばせたい」

など外国人に通じる英会話を身につけたいですよね。

今回は目的別に、低価格で利用でき、スキルアップ可能なおすすめの英会話サービスを紹介します。

とくにオンライン英会話は、わざわざ英会話教室に通わなくても、外国人に通じる英語が話せるようになるツールです。

場所や時間を気にすることなく外国人講師とスピーキングレッスンを受けたり、TOEICなど資格学習の授業を受けることができます。

オンライン英会話はかなりの数がありますが、EduSearch編集部が、料金面とサービス内容からおすすめのものを厳選して目的別に1つずつ紹介します。

オンライン英会話のメリット・デメリット

【メリット】
オンライン英会話は料金が安く、好きな場所・好きな時間に学習できるため非常に自由度が高い英語学習ができるのが魅力です。

合わないと思ったら解約も気軽にできます。
【デメリット】
教室に通わないので、一般的には続かないということも起こってしまいます。

目的別で英会話を探す

24時間365日レッスンが受けられる!DMM英会話


DMM英会話は1回25分150円~オンラインで外国人講師からレッスンが受けれるオンライン英会話サービスです。

スマホやパソコンがあれば、どこでも外国人講師から英会話レッスンを受けることができます。

場所の自由度だけではなく、24時間365日レッスンが受けられるというので時間の融通もかなり利きます。

オンライン上で合格率5%以上の採用試験を潜り抜けた6000人以上の講師から選択し、自分の希望のレッスンを受けることができるのが魅力です。

料金:フィリピン人講師中心のコース1レッスン25分150円~、ネイティブ講師によるコース1レッスン25分510円~
講師:104か国の講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント
実際4か月続けてみた結果、頭の中で考えながら文章を組み立てて話していたのが、その工程が少なくなり、すぐ言葉が出てくるようになりました。

おかげで話すスピードが速くなり、先生とも特に待ってもらうことなく普通のテンポで会話できるようなりました。

また、会話中の文法ミスが少なくなりました。

基本的な、例えば三単現のsを抜かしてしまったり、動詞を間違って活用してしまったり、話しながら自分でも気づく間違いが、明らかに減りました。

これもやはり正しい英語をインプットし続けていくうちに自然と文法の知識を超えて、自分の英語として身についてきたのだと思います。

DMM英会話を良い点は、多国籍の講師が豊富なこと、24時間レッスンができること。

出張や就職、旅行などで、自分が行く国の人と英会話をして、慣れておくということもできますし。早朝に起きて1レッスンなんてこともできるのは魅力です。

格安で外国人とスピーキング強化!レアジョブ

レアジョブは業界トップの実績あるオンライン英会話教室です。

なんといってもレアジョブは講師人が優秀で、世界のノンネイティブスピーカーの中でも1位の英語力を誇る優秀なフィリピン人講師と対面でオンライン英会話レッスンが受けられるサービスです。

ビジネス英語では認定講師と呼ばれる一定以上の指導の質がある講師のみが担当します。

初心者の方も安心で日本人スタッフによる学習相談サポートもあり、オンライン英会話大手の充実したテキストで出張や就職、旅行などに備えることが可能です。

会員数も60万人以上。日常英会話・ビジネス英会話・中高生の英検コースまで幅広く対応しています。

パソコン・スマホ・タブレットと場所を選ばずに学ぶことが可能で、たとえば、朝6時~深夜1時の間、1回25分(187円~)でレッスンを受けることができます。

また、レッスン開始の5分前から予約をして開始することができるので、毎日継続して英語を話す機会が欲しいという社会人の方でも継続して利用しやすいのが特徴です。

料金:日常英会話毎日25分コース月額5800円(187円/1レッスン)、ビジネス英語毎日25分コース月額9800円(316円/1レッスン)
講師:フィリピン人講師
学べるジャンル:日常英会話、ビジネス英語、中高生の英検対策
得意なこと:スピーキングレッスン

編集部の仕様感コメント
最初は日本語通じなさそうだし大丈夫かなと不安でしたが、使ってみると、困った感じは全くしませんでした。

ただ、ある程度英語の基礎があった方が有効活用できそうだなというのが率直な感想です。

他の何かで基礎などを身に着けた後か、身に着けながら外国人とも毎日話す機会が欲しいという方におすすめです。

【ペッピーキッズクラブ】子ども・幼児・キッズ向け英会話スクール


“英語が大好きになる始め方”子ども英会話ペッピーキッズクラブは、全国1300教室、9万人の子どもたちが楽しく通う教室です。

ネイティブと日本人講師が在籍しており、4回のうち1回がネイティブ講師とのレッスンで、学んだことを実践できます。

リズム感をベースに手の動きや指を使って発音のイメージを覚えたり、舌の動かし方を身に付ける発音習得方法で日本でペッピーキッズクラブだけのプログラムです。

楽しいイベントも充実しており、海外イベントやハロウィンレッスン、クリスマスレッスン、サマースクールなど外国文化を体験できる機会が盛りだくさん。

1年に3回の参観日があり、クラスの雰囲気やお子様の様子、学習の成果などを確認でき、お子様一人一人に合わせたケア・サポートが出来る担任制なので安心!

ご家庭で使えるオリジナル教材と教室でのグループレッスンで、子ども達の“英語耳”を育てます。

料金:月謝7,700円 別途教材の購入が必要
学べるジャンル:英語が大好きになる日常英会話

編集部の仕様感コメント
実は編集部の私の息子が2歳1ヶ月の時からペッピーキッズ に通っています。
うちから一番近くてちょうど開校したところだったのと、体験の時に息子がとっても楽しそうだったからです。(英語が…というよりは、やっぱり走り回ったり、優しい先生に褒められたのが嬉しかったみたいで) 歌に合わせて身体を動かしたり、みんなでゲーム的な要素があったり、クレヨンを使って塗り絵みたいにしたり、短い時間で色んな要素を取り入れてくれるので、子どもは飽きることなく楽しそうでしたよ。
先生はやっぱり子どもたちの扱いが慣れてるし、途中先生が変わったり、代わりの人が来たりした時もありましたが、みんな優しくていい先生です。
おうちでできる教材(タッチペンで音がなるカードとかポスター、CD)が豊富なので、週1 1時間だけの教室よりは、より英語に触れられる時間が多いかなぁと感じました。

ペッピーキッズクラブの特徴

1.ネイティブと日本人講師
2.楽しいイベントも充実
3.レッスン参観&懇談会がある

月額980円で日常英会話を本格対策!スタディサプリENGLISH新日常英会話コース

スタディサプリENGLISH日常英会話コースは、月額980円で発音やリスニングトレーニング、英語力チェックなどのコンテンツが使い放題です。中学レベルの基礎から英検準1級レベルまで、段階別で学ぶことができます。

スマホ1つで時間や場所に関係なく、高品質な発音矯正や、リスニング力を強化が低価格でできるサービスはスタディサプリENGLISH日常英会話コースくらいといっても良いかもしれません。

趣味で外国人と話したい、旅行に備えて英語力を磨きたい、とにかく英語を通じてなんとなく自分に自信をつけたいという方を始め、英語学習のスタートにもってこいです。

スマホやパソコンで受講可能ですが、ドリル形式ながら、英会話教室で教わるかのように能動的に受講することができるため、英語をアウトプットする機会が多く、毎日継続すれば英語力は確実に伸びます。

スタディプラスENGLISH 新日常英会話コース特徴

1.いつでもリスニングテストなどで自分の英語力をチェックできる
2.中学レベル~の細かいレベルで分かれた場面別レッスンで、リスニングと書き取り練習ができる
3.実力確認ができるリーディングテスト、単語力確認テストあり

料金:月額980円
学べるジャンル:日常英会話

編集部の仕様感コメント
日常英会話というと、漠然と外国人と話すことをイメージされる方が多いですが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースを使えば、旅行を楽しめるくらいには数カ月ほどでなれます。

外国人と話すために必要な単語力、リスニング力、スピーキングトレーニングができるコンテンツが使い放題で、どのコンテンツも音声を聞き取って単語や文を入力するなどこちらが主体的に学習を進める必要があるので、ついついテキストを眺めるだけなど甘えてしまいがちな自分にはぴったりでした。

月額2980円で本格TOEIC対策!スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH L&Rコースは、月額2980円PART別問題演習、TOEIC模試、英語界のトップ講師である関先生の講義をスマホ1つで受講できます。

英会話とTOEICスコアを平行して、伸ばしたいという方は多くいますが、英会話教室やレアジョブなどスピーキング強化サービスと併用するのもおすすめです。

テキストがかさんでしまい、外出時に持ち運び不便なことが多いTOEIC対策をスマホ一つで全てできるのはかなり便利だといえます。

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースの特徴

1.TOEICのPART別対策がスマホで簡単に受けられる
2.トップ講師である関先生の英文法やTOEIC対策講座受け放題
3.学習時間管理機能もついて便利

料金:月額2980円
学べるジャンル:TOEIC対策

編集部の仕様感コメント
TOEICは複数PART別に問題形式が分かれており、スマホとパソコンのみでトレーニングができるため、参考書を持ち運ぶ必要がないのが便利でした。

また、オンラインでトレーニングできるからこそ、結果が記録されます。しっかりと数値で正答率が出ることで、PART別にトレーニングする必要があるなどが分かりとても頼もしいサービスでした。TOEIC学習教材やサービスは数多くありますが、TOEIC800点以下の方で、短期間でTOEICスコアを絶対に伸ばしたいという方におすすめです。

紹介した英会話まとめ

24時間365日レッスンが受けられる!DMM英会話1日187円で毎日25分スピーキング練習「レアジョブ

“英語が大好きになる”子ども英会話「ペッピーキッズクラブ

月額980円で本格的な日常英会話対策ができる「スタディサプリENGLISH英会話コース

月額2980円で本格的なTOEIC模試とPART別対策ができる「スタディサプリENGLISH L&Rコース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です